【方言】「あまくせ」の意味と例文

方言

あまくせ

方言の地域

青森県

スポンサーリンク

方言の意味

馬鹿だ、幼稚だ

「あまくせ」について

青森県特有の方言「あまくせ」は、「馬鹿だ、幼稚だ」という意味を持ち、個人の行動や考え方が未熟であることを批判的に表現する際に用いられます。
また、「あめくせ」と言われる場合もあり、これは「甘い考え」という意味合いから来ているとされています。そのため、現実的でない考えや行動に対する皮肉や指摘に使われることが多いです。

「あまくせ」の使い方

たく
たく

まだそんなことやってんの?いづまでたってもあまくせごとしかさね
(まだそんなことやってんの?いつまで経っても馬鹿なことしかしないな)

いつまでもあまくせぇことしたいじゃん
(いつまでも馬鹿なことしたいじゃん)

ひろし
ひろし

「あまくせ」の例文

  1. あいつ、いつ見てもあまくせなことばかり言って、進歩がないな
     (あいつ、いつ見ても馬鹿なことばかり言って、進歩がないな)
  2. そんな甘い考えじゃ、世の中やっていけないよ。あまくせだよ
     (そんな甘い考えじゃ、世の中やっていけないよ。馬鹿だよ)
  3. 計画もなしに事業を始めるなんて、あまくせすぎる
     (計画もなしに事業を始めるなんて、幼稚すぎる)
スポンサーリンク