【方言】「ちゃーがつか」の意味と例文

方言

ちゃーがつか

方言の地域

佐賀県

スポンサーリンク

方言の意味

恥ずかしい、耐え難い、格好悪い

「ちゃーがつか」について

佐賀県の方言「ちゃーがつか」は、「恥ずかしい」「耐え難い」「格好悪い」という意味を持つ言葉です。
日常会話で恥ずかしさや格好悪さを表現する際に使用されます。

この方言は、佐賀県内で広く使われており、地元の人々の日常的なコミュニケーションに深く根付いています。「ちゃあがつか」という表現もあり、「ー」と「あ」の使い分けが見られる場合もあります。

「ちゃーがつか」の使い方

みな
みな

階段でコケるなんて、ちゃーがつかとけど
(階段でコケるなんて、恥ずかしいんだけど)

誰も見てなくて良かったね

さつき
さつき

「ちゃーがつか」の例文

  1. そんなに人前で照れるなんて、ちゃーがつかやろ?
     (そんなに人前で照れるなんて、恥ずかしいでしょ?)
  2. あの失敗は本当にちゃーがつかった
     (あの失敗は本当に恥ずかしかった)
  3. 彼の言動は時々、ちゃーがつかと思うことがある
     (彼の言動は時々、恥ずかしいと思うことがある)
スポンサーリンク