【方言】「あり」の意味と例文

方言

あり

方言の地域

沖縄県

スポンサーリンク

方言の意味

彼、彼女

「あり」について

沖縄の方言「あり」は、「彼」や「彼女」を指す言葉ですが、英語のHeやSheのように性別を区別することはありません。
この方言は、人を指す時に使われ、指示代名詞のような役割を果たします。「あの人(あいつ)」という意味に近く、男女の区別なく用いられます。
ありの複数形「あったー」もよく使われ、複数の人々を指す際に用います。

「あり」の使い方

たく
たく

あり、なんくる人?
(あの人、どこの人?)

ありはなはぬ人やいびーん
(あの人は那覇の人です)

みな
みな

「あり」の例文

  1. あり、きゅうやん元気ないなー
    (あの人、今日は元気がないね)
  2. ありとー、ずっとしりー知り合いやん
    (あの人とは、ずっと知り合いです)
  3. あったーとあしびにいくんさー
    (彼らと遊びに行くんだよ)
スポンサーリンク