【方言】「どぅし」の意味と例文

方言

どぅし

方言の地域

沖縄県

スポンサーリンク

方言の意味

友達

「どぅし」について

沖縄方言の「どぅし」は「友達」を意味します。
この言葉の由来は「同志」にあり、共に時間を過ごし、様々な体験を共有する仲間を指す言葉です。
また、特に親しい友達のことを「いちどぅし」と呼ぶこともあります。

「いち」とは「いちばん」を意味し、「どぅし」と組み合わせることで、「一番の友達」という意味になります。
これらの言葉は、沖縄の地域社会における人々の繋がりの深さを象徴しています。

「どぅし」の使い方

たく
たく

あの人は、だれ?
(あの人は、誰?)

あれはわんぬいちどぅしだよ
(あれは私の親友だよ)

みな
みな

「どぅし」の例文

  1. 今日はどぅしと一緒に海に行くんだ
    (今日は友達と一緒に海に行くんだ)
  2. わんぬどぅしは、いつも面白い話をしてくれる
    (私の友達は、いつも面白い話をしてくれる)
  3. いちどぅしとは、小さいころからの仲だよ
    (親友とは、小さい頃からの仲だよ)
スポンサーリンク